私のダイカストロマン

「自分自身が溶湯になりきり、溶湯の気持ちになった分だけダイカストの研究は進展する」をいつも心に抱き、湯の気持ちになって考えながら研究に取り組んできた40年の思い。「光輝くダイカストへの挑戦」は私自身の人生そのものであり、「私のダイカストロマン」です。(まえがきより)


目次

2,160円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索