コンピュータ・シミュレーションによるダイカスト金型技術の可視化

山縣 裕著/B5判/80頁
 ダイカスト技術を構成する3大要素は材料、ダイカストマシン、金型である。とりわけ金型は一見、鉄の塊のように見えるが、実は複雑・緻密な機能を持たされており、高温・高圧力の急激な変動のもとで使用され、その使用環境は極めて厳しい。
 本書は、コンピュータ・シミュレーションによるダイカスト金型技術の可視化に挑んだものであり、この CAE 画像はダイカスト技術のかなり深い部分まで直視的に理解させ、品質管理と改善、生産性の向上に大いに役立つ。ベテラン現場技術者はもちろん、初学者にとって手許に置いておきたい1冊である。
価格:6,372円(税込)
※送料サービス


目次

6,372円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索